高齢化社会の今、介護が重要となっています

既婚者がやっておくべき親の介護の準備

既婚者がやっておくべき親の介護の準備

既婚者がやっておくべき親の介護の準備がいつくかります。
介護保険が利用できる範囲のサービスの内容について調べたり、サービス外にかかる費用がいくらくらい必要か把握する事が大切です。
平均したこれらにかかる費用は年間で一人当たり300万円程度です。
次に大切なのはこれらの費用を家族の誰が支払うか、そしていつから用意をどのようにして準備するか検討します。
基本的には親の年金で支払うのが理想ですが、足りない場合はその子供が負担をする場合が多いです。
事前に自治体のサービスでどのようなものがあるか調べておく事が大切です。
またどのように将来したいか親の希望を予め確認する必要があります。
親の資産がどのくらいあるか確認して、施設に入ったりサービスを受けるために必要なお金があるかチェックをする事が大切です。
預貯金や資産のリストを作成しておくとこれらの役に立ちます。
また既婚者は親の介護に必要な費用を、可能な限り早めに貯金をしておくと慌てなくてすみます。

親の介護は突然やってくる

親と同居しているかどうかにかかわらず、高齢の親が元気で暮していると安心していても決して油断はできません。
それは親の介護はしばしば突然やってくるものだからです。
たとえば転んで足を骨折しそのまま寝たきりになったり、長期間の入院で認知症になったりするケースは決して珍しくはありません。
また突然の脳梗塞で半身が不自由になったり、体調が悪いのは年のせいだと思っていたら、ガンが進行していたということもあります。
ですから家族が心に留めておかなければならないことは、高齢の親がいる場合たとえ今元気であってもいつ何が起こるかわからないということです。
現在は介護保険のおかげで様々なサービスが受けられるようになっていますが、その仕組みは複雑です。
何も知らずにいた場合、いざ介護が始まると先ずどこに相談したらよいのかさえわからないことがあります。
そうならないためには親がまだ元気なうちから少しずつ情報収集をしておくことが大切です。
細かく調べるというより、介護をしている知人の話を聞くなどできる範囲で関心を持つようにすることです。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.