高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護福祉士の合格ラインとは?

介護福祉士の合格ラインとは?

今年も介護福祉士の試験が間近となってきました。
福祉の仕事につくためには必須とは言わずとも持っている事で就職活動が有利になり、利用者の方々からの信頼も得られやすくなります。
試験の内容は筆記試験と実技試験となります。
実技試験は事前に実技試験免除の講習を受けていれば筆記だけの試験です。
介護実技講習は一度取得すれば、取得年月日から3回目の試験まで有効です。
では筆記試験の合格ラインですが、全120問中60問が最低ラインとなります。
あくまで最低点数ですので安心してはいけません。
合格基準は毎年全体の平均点から決まり、おおよそ60~85点が目安です。
試験内容が難しい年だと60点以上とれればほぼ合格となりますが、問題の内容が優しい場合は85点程度とらなければなりません。
ほぼ合格したと考えていいのは85点以上を取れた場合となります。
また各分野でどれか一つでも0点を取ってしまうと平均点以上でも不合格となりますのでご注意ください。
山を張るような対策ではなく満遍なく全体的に学習することが重要です。

一目でわかる!介護支援専門員の合格率と難易度

介護支援専門員の資格を取りたいと勉強している人にとって、気になるのはやはり合格率と難易度です。
その上で、どの様な勉強をすれば合格できるのかを考えることが資格を取る上で非常に重要です。
合格率が低い場合には特に、学習の効率を上げるとともにより多くの練習問題をこなすなどして本番でのケアレスミスをなくすような努力が必要です。
その為、介護支援専門員の試験の合格率と難易度が一目で分かることで、効果的な学習や試験対策が出来るものです。
近年は試験内容が非常に介護支援専門員の質の低下が非常に問題視されています。
その為、2015年度からはその試験問題が非常に厳しく、且つ試験免除の廃止や問題数の増加なども有り、合格率が下がる傾向にあります。
その為、従来通りの学習をしていたのでは不合格となる可能性が高くなっています。
一目でわかる介護支援専門員の合格率と難易度見ることで、十分な試験対策を行う必要があることが分かる上、合格するための準備の方法も分かるものです。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.