高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護の仕事にやりがいを感じる瞬間とは?

介護の仕事にやりがいを感じる瞬間とは?

介護の仕事で介護福祉士というのがあります。
主な仕事として、心身障害によって日常生活おくるのが不自由な方の、食事や排泄、入浴など身の回りのお世話をする専門職です。
重労働のイメージがありますが達成感も大きく、大変やりがいのある仕事です。
主な仕事の内容は、体に直接触る身体介助、家事などをする生活介助に分けられます。
また、要介護者の家族のかたに家庭で行う際のアドバイスを行ったり、相談に乗ったりします。
身体介助を行う場合、病気や障害の状態に配慮をしながら慎重に行わなければなりません。
心臓の弱い人に対しては、脈拍や顔色を観察しながら介助を行います。
また生活介助とは、食事の支度や洗濯、掃除や部屋のかたずけ、買い物など家事全般を行う介助を生活介助と言います。
そんな大変な介護の仕事ですがどのようなやりがいを感じているのでしょうか。
お礼の言葉、ありがとうという感謝の気持ちを直接いってもらえた時や、お世話をするなかで今まで自分で出来なかったことができるようになった時など一緒に喜びを分かち合うことが出来ます。

認知症介護の基本知識とは?

認知症の種類は大きく分けて、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症に分けられます。
認知症は1度発症すると、症状の進行を遅らせる事は出来ますが治る事はありません。
在宅介護に於いてもその周辺症状を含めた基本知識がないと、介護疲れが起きたり虐待を引き起こす可能性もあります。
上述した認知症が重症化すると、介護者に対しての暴言や暴力、被害妄想や幻覚などが著明に現れてきます。
特に症状が中度以上になると、場所の認識が出来ずに徘徊行動や尿失禁、便失禁などが起こりケアする上でも相当なストレスを抱えてしまいます。
介護者とって必要な基本知識は、これらの症状を温かく受容し時には見守る事が大切になっていきます。
特に一生懸命ケアしている家族に対し、暴言や暴力行為も出てくるの場合があるので、医療機関を受診し上手に認知症と付き合っていきます。
本当に大変なのは、認知症である当本人であり脳の病気が引き金になって、その症状が出ている事を理解する事が大切になります。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.