高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護の意味と必要性について

介護の意味と必要性について

高齢化が進んでいる我が国では、介護という言葉がよく聞かれるようになりました。
介護という意味は、病人や高齢者を介抱して看護したり障害者の生活支援をすることです。
認知症や疾患が原因だったり、老化に伴った筋力低下もありますが誰かの援助が必要になった場合は、要介護認定を受けると様々なサービスを受けることが出来ます。
ケアマネージャーがケアプランを作成してくれるので、適切な支援を受けられるようになっています。
認定区分も分けられていて、段階に応じて自己負担額も変わってきます。
住宅改修や施設や通所サービス、訪問サービスを利用するのにも有効ですし、適切な福祉用具をレンタルすることも可能なので、サービスの内容や意味を理解しておくといざという時に役に立つでしょう。
こうした誰かの援助が必要な状態の方は年々増えているので職員不足も問題にはなっていますが、これからもっと質の良い介護が提供出来るように制度も改正されていくでしょう。

介護現場における医療行為について

以前では、介護を行うに際して医療行為として認定されているものは意外なほど多くありました。
たとえば嚥下力の低下などによって自力で食事を摂取するのが難しい人に対して行われてる経鼻経管栄養や胃ろうは、その代表的な行為と言えます。
しかし一方で、実は湿布薬を貼ることや軟膏を塗ること、また目薬などの点眼薬をさすこともこれに該当します。
また介護を必要としている人のためを思ってやること、褥瘡部分のガーゼの交換や白癬菌や巻き爪のある爪を切ることなども、本来は医療行為に該当します。
しかし現場においては、特に利用者の自宅などに訪れる訪問介護の現場においては、ヘルパーなどの職員はこれを行ってきました。
それは本人や家族の希望があったためであり、その実情を受け、現在では上述した行為の一部、たとえば褥瘡部分を除いては湿布や軟膏を使用すること、点眼薬をさすことなどについては、厚生労働省によって医療行為ではないとの認識が示されています。
ただ経鼻経管栄養や胃ろう、また喀痰吸引に関しては、やはりしっかりとした知識や技術を有していることが必要だと言うことで、現在でも医療行為として認識されています。
介護職員がこれらの行為を行う場合は、所定の研修を修了している必要があります。
そして更に実際の現場で医療職見守りのもとで、所定の回数、実際にその行為を行い、しっかり滞りなく行えているかどうかをテストしてもらう必要があります。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.