高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護の仕事内容

介護の仕事内容

基本的に介護の仕事内容はお年寄りの方が日常生活を送る上で不自由しないように介護をする事が主な内容です。
三食の食事の介助をしたり、身の回りの掃除や整頓などを行います。
トイレ介助や入浴介助なども行います。
寝たきりの方の場合はオムツ交換をしたり、移動する時もストレッチャー等で介助して移動します。
歯磨きが自分でできない方には口腔ケアをします。
また日頃からお年寄りの方の様子を観察し、変わったところがないかも見ます。
他にもお年寄りの方のしゃべり相手になったり、一緒に遊んだりします。
必要に応じてお年寄りの方の体温や脈拍、血圧を測り健康チャックをします。
食事の時等はお薬が必要な方などは飲み忘れていないか等のチャックもします。
車椅子の方は車いすを乗る時の介助もしますし、移動も危険な物がないか周りに気を配りながら道や廊下を歩きます。
お年寄りの介護度によって介護の仕事内容は変わってきますが、お年寄りが快適に過ごす事ができ、自分らしく生きれる手助けができるのでなくてはならない仕事なのです。

介護の仕事は誰でもできる?

福祉の世界でも資格は大切で、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーなどいろいろなものがあります。
専門の資格がなければできない仕事と無資格の誰でも行える仕事があります。
具体的には、ホームヘルパーとしてご利用者の自宅に訪問しケアを行う際は、初任者研修(前ホームヘルパー2級)を修了していなければなりません。
施設やデイサービスの相談員を行う場合は、社会福祉主事の資格が必要です。
ケアマネージャーの仕事を行うには、一般的に現場を5年間以上経験し、ケアマネージャー資格に合格後必要な研修を修了する必要があります。
誰でも行える仕事としては、施設内やデイサービス内でケアを行う介護職員です。
仕事で経験や知識を得て介護福祉士の資格を取得しステップアップする方が多い傾向です。
資格者が多く在籍する事業者や施設には、スキルを評価し報酬に加算できるようになっていますので、施設は資格者を望んでいます。
福祉の世界に身を投じて働きたいと思っている方は、積極的に資格に調整することをおすすめします。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.