高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護リフォームのポイント

介護リフォームのポイント

高齢化が急速に進んでいますが、実際の生活の場所である家の中での高齢者の事故は意外に多く報告されています。
それで介護が必要な方がいる家庭はもちろん、自分の老後に向けて、高齢者が暮らしやすい環境を整えるのは賢い選択です。
一般の改装とは違い、介護リフォーム特有のポイントがいくつかあります。
そのひとつは基準にかなった工事は、公的補助が受けられるという点です。
改修にかかった費用のうち最大20万円までは一割の自己負担で利用できるので、30万円の工事なら半額以下の12万円で済む計算になります。
補助を受けることのできる内容は、手すりの設置や段差の解消、引き戸や洋式トイレへの交換などです。
介護の必要な度合いに応じて効果的な改修を行うことが大切ですが、その意味でも依頼する業者選びも重要なポイントと言えます。
体が不自由な人のための改修ですので、体が不自由な人のニーズに関する知識と経験が不可欠です。
介護リフォームの実績がある業者なら安心して任せられます。

介護に必須。訪問看護と医療保険

介護を受けるにあたって、時として必要になるのが訪問看護ではないでしょうか。
訪問看護は公的なものでは介護保険、医療保険が利用できます。
介護保険では、支給限度額内で利用でき回数に制限がありません。
医療保険では支給限度額はありませんが、利用制限があります。
まず、利用者の条件としては、主治医に必要があると判定された患者でなくてはいけません。
厚生労働大臣が定める疾病や、症状が重く医師から特別な指示が出た場合などです。
自己負担は1割から3割です。
また保険給付の対象になる回数や時間が決められており、一般的には週に1回から3回までで、1回の訪問は最大で90分までです。
症状が重い場合は、週に1回90分を超えて受けることができます。
利用するにあたっての手続きは、まず、病院で診察を受け訪問看護指示書を出してもらいます。
その後、サービスを受ける事業者と契約をします。
医療保険だけでは足りない場合は、自己負担になります。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.