高齢化社会の今、介護が重要となっています

老人ホームでの介護の仕事について

老人ホームでの介護の仕事について

高齢化社会が増加するのにあわせて増えているのが老人ホームです。
老人ホームには特別養護老人ホームと有料老人ホームの二つがあり、いずれも日常生活に援助や介助が必要な人が生活する為の施設です。
では、老人ホームで働く介護士はどのような仕事をしているのでしょうか。
仕事の内容について説明します。
特別養護老人ホームは有料老人ホームとは違い、要介護3以上の人でないと入所することが出来ない施設です。
そのため、日常生活動作に介助が必要な人がほとんどであり、食事や排泄、入浴、移動などの介助やレクリエーションの提供などが主な内容になります。
介助量が多い利用者が多いため、身体的な負担も大きく、自分への負担が少ない介助技術を習得することが重要になります。
有料老人ホームは施設によって内容が大きくかわります。
元気な高齢者が多い施設では、食事の準備や掃除などの生活支援サービスが主になります。
介助が必要な高齢者が多い施設では、特別養護老人ホームと同じように入居者への身体介助が主な仕事になります。

老人ホームでの介護の仕事の課題

老人ホームにおける介護の仕事の課題として、低賃金が常態化していることや、スタッフの定着率が今一つであることなどが挙げられます。
最近では、介護従事者の待遇の改善について、国家的な課題として扱われることがありますが、なるべき勤務条件の優れている老人ホームの特徴を把握することが重要となります。
また、介護サービスの提供の仕方に関しては、それぞれの老人ホームの経営者の判断やスタッフの技術力の高さなどによって、大きなばらつきが出ることがありますが、事前に施設見学会などに出向くことで、担当者とよく話し合いをすることがおすすめです。
もしも、人気の高い老人ホームの探し方にこだわりたい場合には、長い時間がかかることがありますが、身近なところにある施設の資料請求することはもちろん、より多くの経験者の感想をチェックすることが良いでしょう。
そして、介護サービスに係る問題点について、じっくりと把握をすることが望ましいといえます。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.