高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護する人の気持ちを考える

介護する人の気持ちを考える

日本は超高齢者に突入しており、高齢化が大きな社会問題になっています。
そこで問題となるのが介護になります。
簡単そうに見えますが、本当に大変な仕事になっています。
大変な仕事なのにもかかわらず待遇があまり良くないので、働き手が不足しています。
これから介護を受ける側になる方にアドバイスがあります。
それは少しでも働き手の負担を減らすために、介護をする側の気持ちをもっと考えることになります。
文句ばかり言って困らせてしまう方がいますが、自分のために働いてもらっていることを認識しなければいけません。
お金を払っているから好き勝手していいわけではないです。
今後も高齢者の割合が高くなるので、自己中心的な方は受け付けないようになる可能性もあります。
したがって、今のうちから感謝の気持ちを持つことが重要になります。
また、家族に介護をしてもらう方も気をつけてください。
トラブルに発展してしまうケースが少なくないので、言動には十分注意するべきです。

介護で力を入れること

介護で力を入れること、それはやはり本人や家族の意向に基づいたサービスの提供を行うことです。
在宅介護の場合は特にそうです。
デイサービスからデイケア、ショートステイ、ヘルパー利用。
最近は小規模多機能と言ったデイサービス、ヘルパーサービス、ショートステイが組み込まれ1つになったサービスも提供されています。
ある程度、金銭的に余裕のある方はサービスを利用しやすい傾向にありますが、生活保護レベルより少し所得がある方は、金銭的にとても厳しいのが現状だと思います。
そんな中で、金銭的にも負担が少ないようにある程度、本人の意向に沿ったサービスのプランを立てるのが、質の良いケアマネージャーです。
在宅での介護は、家族の負担も大きいので、介護疲れで共倒れにならないように、ショートステイを利用したりして、時々家族が息抜きできる時間の考慮も必要です。
また、デイサービスやデイケアでのサービス内容は、そこそこの施設でまったくと言っていいほど違うので、本人の趣味的なものを取り入れているなど、本人にあったサービスの利用が本人の精神的負担を軽減してくれる大きな条件となります。
サービス提供側も、受ける側も納得のいくサービスを受けることができることに力を入れて行くことが最も重要と言えます。

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.