高齢化社会の今、介護が重要となっています

介護職員としての心得

介護職員としての心得

高齢化が進んでいる我が国では、介護職員の需要は高まるばかりです。
低学歴で無資格でも入職出来ることから、見下されることが多い職種ですが、決して中途半端な気持ちで務まる仕事ではありません。
まず未経験の方は、介護職員初任者研修を取得して、実務経験を積んでから更なるスキルアップを目指していくことをおすすめします。
もちろん専門的な知識や技術も必要ではありますが、大切なのは観察力とコミュニケーション能力です。
入居者それぞれの状態を把握して様子を伺いながら支援をしていく、出来ることは本人にして頂くことで残存能力を維持していきます。
ひとりの入居者と向き合うだけでなく、常にいろんなところに気を配って支援していくことが必要になります。
そして、入居者とのコミュニケーションを図って、信頼関係を築いていくことで、質の良い介護支援にも繋がります。
中には気難しい方も暴言を吐くよう方もいますし、なかに意志疎通が出来ない方もいます。
でも、こちらの都合で支援をするのではなく、入居者それぞれの主体性を尊重して常にお伺いの言葉で敬語を心掛けること、本人のペースで当たり前の暮らしの具現化を目指していくことが現場で働く職員としての心得でしょう。

介護ソフトとはどんなソフトか

介護ソフトとは、介護の業務をしやすくするために様々な情報を迅速に処理や管理などを行えるソフトのことです。
ソフトは各メーカーから膨大な数が登場しています。
介護ソフトを出しているメーカーだけでも数十は存在するので、ソフトの数はそれ以上に新しいものや改良バージョンが増え続けることになります。
今でも十分に使いこなせば仕事をするうえで便利なのに、これからもっと優れた操作性や機能が追加されることもあるということです。
介護士のスケジュール管理やケアプランの作成、介護記録の作成などに使えるソフトがあります。
介護と言っても訪問介護と施設での介護とではスタッフの仕事内容に違いがあるように、それぞれの仕事内容や現場に合った目的別にソフトが作られているので、導入する場合は目的にかなったソフトから使いやすそうなものを選びます。
例えばそれぞれのジャンルには高機能のパッケージ型とネット経由で使うASP型と2タイプの形態のものがありますが、これもどちらでもいいというわけではなく適性があります。
高機能が売りのパッケージ型は運営規模が大きい介護施設の管理と相性がいいですし、運営規模が小規模な介護施設なら低価格のASPタイプと相性がいいという具合です。

介護業務の管理におすすめ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

介護ソフト

Copyright © 2016 Care Management. all rights reserved.